業務内容

企業価値評価

 企業価値、あるいは事業価値の評価はあらゆる局面で必要となってまいります。しかしながら、その目的によって評価方法は大きく異なります。企業(事業)価値が必要とされる主な局面は次のとおりでございます。

  • M&A
  • 株式公開
  • 企業再生
  • 企業再編
  • MBO
  • エクイティ・ファイナンス
  • 新株予約権の発行

 これに対して、主として次のような手法を用いて企業(事業)価値を算定しております。

  • DCF法
  • 類似会社比準法(EBITDA法他)
  • 時価純資産法
  • 時価総額按分法
  • 収益還元法
  • 配当還元法
  • ブラック・ショールズモデル