業務内容

企業再編

 企業の中には、様々な子会社群、事業体(エンティティ)が存在します。コアビジネスとして行ってきたもの、ノンコアとして派生的にコアを支える意味で行ってきたものなど様々でございます。

 企業経営を効率的に行うために、また、「選択と集中」を実現させるために、会社法・法人税法・企業開示制度などにおいて、様々な制度改正が行われてまいりました。

財務アドバイザリー業務及びコンサルティング業務

 私どもは企業再編における豊富な経験をもとに、お客様にとって、最適なソリューションの提供、具体的には、企業再編のための企画、立案、実行支援業務を行っております。

 目的の明確化⇒企業再編戦略の立案⇒実行計画の立案⇒実行支援業務

デューデリジェンス業務

 企業再編を行うに際して、事業内容を正しく理解する必要がございます。そのためには適切にビジネスモデルの検証(ビジネスデューデリジェンス)、リーガルリスクの検証(法務デューデリジェンス)、そして財務リスクの検証(財務デューデリジェンス)を行う必要がございます。特に財務デューデリジェンスは企業価値測定(株価算定)において欠かせないものであり、私どもはこの分野に強みを有しております。

事業価値算定業務

 企業再編を行う場合には、それぞれの事業を適切に評価する必要がございます。外部資本を伴わないグループ内再編であったとしても、税務リスクの観点から当該事業価値算定を適確に行うこととなります。

企業再編戦略の立案

 企業再編のスキームは非常に多岐にわたります。企業再編それぞれの目的に則して最適なスキームを選定いたします。具体的には次のような手法がございます。

  • 分社型分割
  • 分割型分割
  • 株式交換
  • 株式移転
  • 企業合併
  • 株式譲渡
  • 株式の現物配当 など

 これらのスキームを組み合わせて最適な企業再編戦略を立案いたします。

実行計画の立案

 企業再編戦略を固めた上で、具体的なスケジューリングを検討いたします。このときに様々なリスクの検討も積み重ねてまいります。

実行支援業務

 実行スケジュールにしたがって、実行支援業務を行ってまいります。