新着情報

「会計基準のコンバージェンスと確定決算主義」が公表されました。

 平成22年6月15日付で日本公認会計士協会から租税調査会研究報告第20号「会計基準のコンバージェンスと確定決算主義」が公表されました。
 この研究報告は当社取締役 高田正昭が委員長を務める日本公認会計士協会租税調査会租税政策検討専門部会が取りまとめたものです。週刊経営財務(No2972,税務研究会刊)に概要が掲載されるなど、既に各方面から大きな反響を呼んでいます。

租税調査会研究報告第20号「会計基準のコンバージェンスと確定決算主義」の公表について

新着情報